余剰電力買取について

余剰電力の買取とは?

 

余剰電力買取制度とは、太陽光発電システムで発電した電力のうち、余った電力を電力会社が買取ってくれる制度です。

 

太陽光発電システムの普及が加速しているのは、電気の供給が止まっても自家発電できることや環境に優しいことに加えて「余剰電力買取制度の導入」が追い風となっています。

 

余剰電力買取金額は?

 

では、余った電気はいくらで買ってくれるのでしょうか。

 

 

この余剰電力の買取価格のことを売電価格といいますが、この売電価格は年度ごとに見直され、導入した年度の価格で小規模でも10年間保証されます。ちなみに、2012年4月〜6月に導入した場合の売電価格は1キロワット時あたり42円でした。電気を購入する時は、1キロワット時あたり24円ほどで購入できますから、非常にお得な制度になっているということです。これが、2014年度には37円、2015年には33円と下がってきています。

 

2015年度の一般家庭の買取価格は、33円

 

余剰電力買取について

2013年度、2014年度、2015と連続で買取価格が下がりました。予想通りです。来年のことを考えると早めに申込んだ方が良い、そう思います。

 

余剰電力買取価格の動向は?

 

今後の余剰電力買取価格の動向としては、エネルギー庁の目標である1キロワット時あたり24円に向けて今後、少しづつ下がって行くことになります。これは、太陽光発電システムの導入費用が安くなってきていることにあわせたもので、導入時期による金銭的損得を無くすためです。つまり、太陽光発電システムはいつ導入しても大きな金銭的な不公平がでないようになっています。しかし、もし、あなたが余剰電力買取価格を重視して太陽光発電システムの導入を考えているのなら、売電価格は確実に下がっていきますので、急いだ方が良さそうです。

 

 

<< 太陽光発電・回収 │ 太陽光発電・見積り │ 太陽光発電はお得か >>

 

※ 本サイトは、以下の文献を参考にしています。
「今こそ知りたい最新ガイド太陽光発電」(Newton別冊)
「太陽光発電の賢い買い方選び方。」菱田剛士(株式会社マガジンハウス)
「『発電貯金』生活のススメ」岩堀良弘(総合法令出版)
「オール電化と太陽光発電」田尻陸夫(電波新聞社)
「図解雑学太陽光発電」(ナツメ社)