太陽電池パネルの選び方

発電効率は、太陽光パネルの表面温度が高くなるほど低下して行くことをご存知でしょうか?

 

メーカーのパンフレットの性能は、太陽光パネルの表面温度が25℃の時の性能です。実は、世界的に最も普及している「結晶シリコン太陽電池」は、25℃から1℃上がるごとに発電効率は0.5℃下がり続けるのです。

 

そのため、世界的に普及しているという基準だけで太陽光パネルを選ばずに、太陽電池パネルの特性を把握して選ぶ目も大切です。

 

どの太陽光パネルを選ぶべきか?

 

では、特に屋根が焼ける南の地域ではどの太陽光パネルを選んだらよいのでしょうか。

 

南の地域ほど、「アモルファスシリコンタイプ」が良いといわれています。「結晶シリコン太陽電池」と比較して、高温時、発電量が低下する割合が約半分だからです。

 

またアモルファスシリコンタイプは、シリコンの使用料が少ないため、安く生産できます。また、薄くて軽量で、布のような柔軟性をもっているため、将来期待されている太陽電池です。

 

アモルファスシリコンタイプの弱点

 

ただ、アモルファスシリコンタイプにも弱点があります。それは、変換効率が低いこと。多結晶タイプの最大16%、単結晶シリコンの最大18%と比較して、アモルファスシリコンタイプは最大10%と低いことです。そのため、多結晶や単結晶シリコンと同じ発電量を得るには屋根の面積が広くなくてはいけません。

 

太陽光パネルは一度設置してしまうと何十年もお付き合いするものです。一生ものと言っても良いかもしれません。後悔しないために、太陽光パネル選びは、色々なメーカーの見積りを取り比較検討しましょう。

 

 

<< 太陽光発電・設置目安 │ 太陽光発電・見積り │ 蓄電池 >>