太陽光発電のメリット

安全性が高く社会貢献につながる

なんと言っても太陽光は自然エネルギーですから安全です。原子力発電のように放射線を出すわけでもありません。火力発電のようにCO2やNOX、SOXなどを排出することもありません。つまり、太陽光発電に切り替えることにより、地球温暖化にブレーキをかけることができ、社会貢献にもつながるのです。

 

太陽光発電で貯金ができる

太陽光発電により自家発電した電力は貯めておくことができません。では、余った電力はどうするのでしょうか。実は、この余った電力は、通常の電気料金より高い値段で買取ってます。そのため、昼間の電力消費が少ないご家庭では、太陽光発電で貯金ができというわけです。

 

では、どれぐらいの貯金ができるのでしょうか。

 

総合法令出版の「発電預金」生活のススメにによると、「年間10万円ぐらい貯める人はざらだ。出力の大きなシステムを発電した人だと年間20万円ぐらい貯める人もある。」と紹介されています。

 

家族の節電意識が高まる

余った電力は電力会社が買取ってくれます。この代金の振込口座はあなたが指定した口座に振り込まれます。このときの口座は、専用の口座を作ることが大切です。専用の口座にすることにより貯金額が一目瞭然。この貯まったお金を子供のお小遣いにする。または、ディズニーランドなどに遊びに行く費用にする。そのような工夫により、家族の節電意識が高まるメリットが生まれるようです。

 

補助金がでる

国や都道府県から補助金が出ているうちに太陽光発電システムを設置するのがお得です。確実に補助金のメリットを活かすなら早めに申込みをする方が良いでしょう。なぜなら、国や都道府県が予算を使い切ったら補助金が終了してしまう場合があります。(地方自治体による)※すでに都道府県によっては補助金が終了しているところもあります。

 

ダダで電気製品が使える

また、太陽が存在する限り太陽エネルギーは無尽蔵で、しかも無料。ソーラー電卓のように太陽の光で家中の電気製品が動けば、ダダで電気製品が使え、しかも震災でガスや電気が止められても心強いのです。

 

夏涼しく冬暖かく

熱い夏に涼しく過ごせる遮熱効果も期待できます。太陽光発電システムは、屋根の上に太陽電池(ソーラーパネル)を設置します。しかも、太陽光が一番良く当たる場所にパネルを取り付けるため、屋根が焼けるのを防ぐ効果があります。つまり、屋上を緑化したのと似た効果がでるというわけです。

 

では、どれぐらい温度が下がるのでしょうか。

 

実験によると、夏場、屋根裏などでは10度以上下がるケースがほとんどだといわれています。

 

また、太陽電池(ソーラーパネル)の断熱効果により冬は暖かく過ごすことができます。つまり、太陽光発電システムは、夏涼しく冬暖かく過ごせるメリットがるのです。

 

 

<< 太陽光発電用語解説 │ 太陽光発電・見積り │ 太陽光発電デメリット >>