太陽光発電 費用回収

太陽光発電の費用回収はいつ?

砂時計で時間を見る

 

ここでは、太陽光発電システムに投資した費用が、どれぐらいで回収できるのか?
元がとれるのか?
ということについてお話します。

 

太陽光発電はどれくらいで元が取れるのか?

太陽光発電でもっとも大きな関心となるのが、どれくらいで元が取れるかです。

 

一般的に、太陽光発電は導入後に元が取れるまでに10年程度かかると言われています。

 

自治体によって補助金の金額が異なるため、8年程度で元が取れるケースもあります。

 

同じ家に10年以上住むかどうかが、太陽光発電をお得に使う目安になっているのです。

 

ただし、太陽光発電は日照量で発電量がかわります。

 

雨や曇りの日が多い地方や、山陰などに入りやすい地域もあるため、環境によってどの程度で元が取れるかがかわってくるのもポイントです。

 

地域差が激しいことが、相場をわかりにくくしている理由にもなっているのです。
そのため、専門家に相談して見積もりを出してもらうこと基本になっています。

 

太陽光発電導入に費用はどれくらいかかるのか?

10年で元が取れるといわれても、実際にどれくらい導入費用がかかるかは気になる点です。

 

太陽光発電の導入は1KWの発電能力あたり30万円前後と言われています。
発電量が多いほど電気をたくさん売れるため、電気の売電量に応じた不労収入を得ることができます。

 

どの程度の発電量が見込めるかは太陽光パネルを設置できる屋根の面積でかわわりますが、屋根の一部だけ設置するということも可能です。

 

予算に合わせてパネルの数を調整すれば初期費用を安くすることもできるのです。

 

ただし、設置の金額によって受けられる補助金の区分や金額がかわることもあるため、こちらも専門家に相談することが一般的になっています。

 

家の構造や周囲の環境によっては、施工費が高くなってしまうケースもあります。

 

太陽光発電を導入してもメンテナンスなどで費用がかからないの?

太陽光発電を導入する場合に気になるのがメンテナンスへの不安です。

 

太陽光発電はメーカーが10年程度の保証を行うのが一般的で、保証の間はメーカーが様々なトラブルに対応してくれます。

 

定期点検なども対応してくれるケースがほとんどで、費用がかかるのは保証が切れてからになります。
保証が切れた後に必要な定期点検は4年に1度程度、費用は2万円ほどが平均といわれています。

 

また、20年に1度程度パワーコンディショナーの交換が必要とされていて、交換価格の平均は20万円程度となっています。

 

保証が切れた場合は自費で専門業者にメンテナンスなどを依頼する必要があります。
専門業者に依頼が必要なのは、電気設備のメンテナンスには専門の資格が必要になるためです。

 

太陽光パネルのメーカーに依頼し、保証期間後もメンテナンスなどを依頼する人が多いのもポイントになります。

 

太陽光発電にリスクは全く無いのか?

太陽光発電の大きなリスクになるのが、自然災害や火災などのトラブルです。

 

自然災害や火災で太陽光パネルが故障した場合は、保証の対象外となります。

 

また、太陽光発電の買取価格は年々減少する傾向があるのもリスクになっています。

 

買取価格が減少しているのは、東日本大震災後のエネルギー政策で買取をはじめた電気が高額過ぎたためです。

 

高額な電気の買取を背景に太陽光発電施設が急激に増え、財政上の負担になっているのです。

 

そのため、適正価格になるまでは電気の買取価格も下落し続ける可能性があります。

 

自然災害などの故障リスクを減らすことはできませんが、火災保険などで保証をかけていくなど、工夫は可能になっています。

 

オール電化は費用面のメリットが大きいが注意点も

太陽光発電はオール電化住宅と相性が良く、生活費の負担を減らしてくれるというメリットがあります。

 

発電量が多い状態であれば、ほとんど電気料やガス代がかからなくなるケースもあります。
ただし、オール電化でない住宅をリフォームする場合はリフォーム費用がかかるだけでなく、実際にリフォームが必要かを考える必要があるのです。

 

リフォームは費用面でプラスかよりも使い勝手が良くなるかが大切だからです。

 

たとえば、年齢を重ねると若い頃に気にならなかった段差が気になってしまうことなどが増えます。

 

より生活環境を良くするためのリフォームであれば不満は出にくくなり、生活面でもプラスになります。

 

しかし、費用面が前提になってしまうと不便さが出てきてしまい、我慢して住むという感覚に陥りやすいのです。
実際にオール電化住宅のモデルハウスなどでどの程度便利かチェックしてみるなど、使い勝手の良さを知ることも大切になります。

 

まとめ

太陽光発電は10年程度で元が取れるのが一般的です。

 

ただし、地域によって平均的な日照量が違うことから、差が出やすくなります。

 

予算に合わせて取り入れるなど工夫もできますが、自然災害などの故障には対応できないことに注意が必要です。

 

長く家に住むのであればメンテナンスやリフォームのバランスを考えることも大切で、暮らしやすい家になるかという目線も大切になるのです。

 

page top