太陽光発電の補助金とは

太陽光発電の補助金とは、太陽光発電の導入をお金で援助してもらえる制度です。エネルギー自給率が低い日本の未来に備える。そして、同時に地球温暖化対策として太陽光発電の普及を加速させるためです。

 

太陽光発電の補助金には「国の補助金」「都道府県の補助金」「市区町村の補助金」とそれぞれ独自の条件で補助金が定められています。つまり一番多く補助金がもらえる人は、3箇所から補助金を受けることができるわけです。

国の補助金について

太陽光発電の補助金


自治体からの補助金


都道府県や市区町村などの自治体の補助金に関しては、一律ではありません。中には予算の関係で太陽光発電の補助金が打ち切られたところも出てきています。

しかし、今でも補助金が出ている自治体にお住まいであればかなりラッキーです。10年以内に初期費用を回収できる可能性が大いにありますので、補助金の予算が無くなる前にお申込する方が良いかもしれません。

お住まいの地域に関する太陽光発電の補助金については、業者に見積りを出してもらえば、正確に知ることができます。どこの業者も無料で見積りを出してくれますので、数社から見積りを取ってみるのが一番簡単で、しかも正確です。


<< 蓄電池 │ トップページに戻る │ 電気料金 >>