太陽光発電のデメリット

太陽光発電システムが急速に普及しています。
この原因は、2009年度の法改正により余剰電力の買取額が大幅に引き上げられたことがあげられます。自家発電した電力を高額な価格で電力会社が買取ってくれるわけですから急速な普及も当然といえば当然です。

 

しかし、多くの商品にはメリットもあればデメリットもあります。後悔せず、末永く太陽光発電システムと付き合うには、太陽光発電のメリットとともにデメリットも把握しておくことが大切です。

 

 

 

夜間に発電ができない:太陽光発電のデメリット

太陽光発電は太陽の光という無料の燃料で電気を作るメリットがあります。しかし、その反面、太陽の光が出ていない夜は発電しないというデメリットがあります。また、昼間でも曇りや雨の日など、日射量が少ない日は、発電量が激減します。

 

蓄電できない:太陽光発電のデメリット

太陽光発電システムは、昼間に蓄電した電力を夜に使う。あなたはそう思っていませんか?蓄電機能を備えた独立系システムは、街灯や道路標識、バス停などで使用されています。しかし、コストが高く寿命が短いデメリットがあるため一般家庭では普及していないのが現状です。

 

一般的に普及している太陽光発電は、系統連系型と呼ばれる太陽光発電システムです。このシステムは、蓄電池はなく、既存の電力会社の電力網に接続しています。電力会社と接続することにより、電力を売り買いできるメリットが生まれる反面、電気を貯めることができないのです。

 

つまり、系統連系型の場合、震災などで電力供給がストップすると、夜は電気が使えないデメリットがあるというわけです。

 

余剰電力買取で儲け過ぎ:太陽光発電のデメリット

余剰電力は電力会社が高い値段で買取ってくれます。この買取ってくれた電気料金はあなたの口座に振り込まれ、所得として見なされることになります。年間の買取金額が20万円を超える人は少ないと思われますが、年間20万円を超えれば確定申告が必要になります。

 

昼間の電気は使ってはいけない:太陽光発電のデメリット

昼間にたくさんの電気を使うと太陽光発電はデメリットになってしまいます。電力を高い値段で買ってくれるのは、日中の余った電力だからです。高く購入してくれる日中の電気は自分で使わずに売る。そして、安く購入できる夜に電気を使用するのがベストです。昼間に多く電気を使うご家庭では、初期投資の回収期間が大幅に狂うことになりますのでご注意ください。

 

余剰電力買取:太陽光発電のデメリット

余剰電力の買取制度は10年間しか保証されていません。10年後の買取単価は、「買取期間満了後の買取条件は、別途電力会社が定める」とされており、買取単価が定められていいません。従って、買取単価が大幅に下がる想定をしておく必要があります。10年後を心配される人は、10年で償却できるプランを持ってきた業者と契約を結ぶ方が良いでしょう。

 

メンテナンス:太陽光発電のデメリット

太陽光発電システムの書籍やwebサイトを見ると、太陽光発電システムはメンテナンスフリーだと書かれています。メンテナンスフリーとは、メンテンナンスが不要で長く使い続けられるという意味。しかし現実には人が作ったものですから故障があります。

 

ナツメ社の「図解雑学 太陽光発電」に、太陽光発電の故障の発生率について参考になることが書かれていましたので以下に抜粋します。

 

「2009年、産業技術総合研究所の加藤和彦氏が、運転開始から5年間程度以上にわたって月発電量の記録が残っている257件の住宅用太陽電池システムのメンテナンスに関して調査した結果、設置後10年以内に太陽電池の一部あるいは全部を交換したケースが34件(13%)、10年以内にパワー・コンディショナの部品あるいは全部交換したケースが43件(17%)あった。」

 

以上のことからも、原理的にメンテナンスフリーであったとしても運用上においては完全なメンテナンスフリーではないということです。

 

この事実を知らずに太陽光発電を導入して故障してしまうと騙されたと思ってしまいます。人間が作った製品である以上はメンテナンスは多少必要だと理解しておきましょう。

 

悪徳業者:太陽光発電のデメリット

太陽光発電システムはオーダーメイド商品だと言われいます。理由は、それぞれの家の屋根の形や大き、角度、向き、地域、場所により設置枚数や日射量がちがうからです。

 

このような複雑な要素が絡み合い、単純に価格を出せない業界では、価格を出せないことを理由に、悪徳業者が入り込みやすい環境にあります。そのため50万円以上も高い価格で契約をしてしまったご家庭も少なくないのです。

 

ちなみに、悪徳業者に騙されない一番良い方法は、「太陽光発電・見積り」サイトを活用することです。見積りサイトは、独自の審査基準により悪質業者を排除しています。また、同時に複数社の相見積もりを取ることができますので、業者同士の価格競争により安く導入できる傾向があります。

 

 

<< 太陽光発電メリット │ 太陽光発電・見積り │ 太陽光発電失敗 >>