無料 太陽光発電 お見積もり

おすすめの太陽光発電の見積もりサイト!

完全無料で利用できる太陽光発電の一括見積サービスをご紹介します。
くわしくは以下のバナーをクリック!
↓↓↓

 

法人はこちらのバナーをクリック
↓↓↓

ハッキリ言います。あなたはラッキーです!

サービスも良く、それでいて安い。
あなたは、そんな太陽光発電システムをお探しではないでしょうか?

 

あなたが得する理由

完全無料の「太陽光発電のお見積もり」サイト!

 

もし、あなたが安いだけではなく保証やサービスも充実した太陽光発電を望みであれば、当サイトへたどり着いたあなたはラッキーです。

 

なぜなら

 

当サイトは、太陽光発電一括見積り月間利用者数ダントツでbPのタイナビのご紹介サイトだからです。

 

なぜ、タイナビは太陽光発電の見積りでbPなのか・・・
それは、お客様の満足度が非常に高いからに他なりません。
タイナビの太陽光発電の無料見積りを利用して良かったと答えた人は、91.2%です。

 

つまり、あなたにもかなり高い確率でご満足頂けるはずなのです。

 

もし、1%でも納得できない部分があればお断りください。

 

太陽光発電の見積りをお急ぎの場合は、以下のバナーをクリックし、入力フォームに必要事項をご記入ください。
完全無料で、最大5社の見積りが出ます。
必要事項の入力も簡単です。およそ1分。

 

(登録業者は、厳しい審査基準を通過した優良企業のみ。※総施工実績85200件)

 

 

太陽光発電業者に騙されないために・・・

完全無料の「太陽光発電のお見積もり」サイト!

 

さて、太陽光発電の業者探し。
いざ業者を探そうとすると、恐ろしくたくさんの業者が存在することがわかります。
はて・・・どこに頼めば一番良いのか……。
そんなお悩みはありませんか?

 

ひとつひとつネットで業者の信頼性を調べていても結局のところ見積を取ってみなければ、得しているのか損をしているのか、つまるところわかりません。

 

しかしながら、複数の業者にそれぞれ見積を依頼し、値引き交渉するのは大変です。

 

そんな訳で、業者探しが面倒ということで、1社だけで決めてしまう人がいますが、これは危険です。
それだけは絶対やめた方が良いでしょう。

 

太陽光発電システムは、安い買い物ではありません。
値段の差は、2万円、3万円なんて可愛いレベルではありません。
悪質なケースでは、全く同じ商品が、100万円以上も高く設定させれてれいたケースも報告されています。

 

どこの業界でも同じです。
業者同士競争がなければ、適正な価格で値段を出してもらえません。
つまり、必ず相見積もりをするべきだということなのです。

 

そこで、あなたのお役に立つのがタイナビなのです。
あなたは、タイナビを利用することで、時間とお金の節約ができるのです。

 

タイナビに登録できる業者は、
厳しい審査に通過した業者のみ。

 

太陽光発電の見積りにタイナビを活用して、悪徳業者に引っかかるということは考えられません。
それは、タイナビに登録されている業者は、タイナビの厳選審査を通過している業者だからです。
あなたは、その優良業者最大5社から相見積りを取ることができます。

 

タイナビを活用するもう一つの利点は、お得な価格で太陽光発電を設置できる可能性が高いことです。

 

業者は相見積りを取られていることがわかっていま。
当然、ギリギリの最安値で見積額を出してきます。
業者は仕事が欲しいのです。

 

つまり、タイナビを使えば、あなたは面倒な値引き交渉などしないでも、自動的に最安値を業者が出してくるというわけです。

 

複数業者から太陽光発電の見積りが出たら、あなたは、その中からサービスや値段を総合的に判断し、良いと思える業者を選びましょう。
(基本的に、厳選な審査をクリアーした業者ばかりなので、どこにお申込しても問題ないです。)

失敗しない太陽光発電の見積もり書の見方

お見積書

 

あなたは太陽光発電の見積もり書の見方をご存知でしょうか?

 

太陽光発電システムは、数百万円かけて屋根上に設置することになります。

 

しかし、初めて見積もりを取得する際には、何をどう見て比較したら良いのかチンプンカンプンという人の方が多いはず。

 

工事業者から相見積もりを取得する際に、どの部分を比べれば良いのでしょうか。
見積もりの見方を知っておけば、あなたは交渉を有利に進められます。

 

では、そのコツをご紹介しましょう。

 

太陽光発電システムはkw単価で比較しよう

太陽光発電システムの導入は、屋根の状態に合わせて太陽光パネルをオーダーメイドすることになります。

 

既製品ではなくオーダーメイドというわけです。
そのため複数の業者から見積もりを取得しても、果たしてどの業者に依頼すべきか分かりにくいです。

 

メーカーごとの詳細は後回しにして誰でも分かる最も簡単な比較方法は、kw単価で価格を比較することです。

 

同じ家に対して3つの業者から見積もりを取得した際に、総額の安さだけで決めてしまうことだけは避けなければなりません。

 

kw単価は、太陽光システム合計代金÷総発電量(kw数)=kw単価という計算式により、電卓1つで誰にでも計算可能です。

 

210万円で5kwの総発電量ならば、42万円/kw
150万円で3kwの総発電量ならば、50万円/kw
160万円で4kwの総発電量ならば、40万円/kw

 

となります。

 

相見積もりを取得してもお得とは限らない

なるべく多くの太陽光発電システムの見積もりを取得すれば、お得な工事業者を選べると考えがちです。

 

しかし、太陽光発電システムの場合には、一概に相見積もり取得がお得とは限らない事情があります。

 

なぜなら、住宅用太陽光発電システムの見積もり書を確認して、記載されている意味を半分も理解できないからです。

 

kw単価で最初に比較する理由として、多すぎる見積もりを取得しても最終的に混乱してしまいます。

 

そこで、最初にkw単価で絞り込みをかけた上で、3社程度まで厳選してから業者同士で戦わせれば最終判断のみを行えば済みます。

 

業者ごとに規格がバラバラの見積もり書でもしっかり比較する方法

太陽光発電システムの見積書は、業者ごとに規格がバラバラです。
つまり、素人が見てもサッパリ分かりません。

 

そこで、少なくとも3つに分けて金額を比較すると分かりやすいです。

太陽光発電パネルなどの部材代金
工事業者の作業料
部材代金に含まれない諸経費

3社程度に絞り込んで、最も細かい見積もり書を出した業者と同じ書式にて他の業者に再度見積もり書を出してもらえば分かります。

 

最後に割引価格を書かれると最も分かりにくい

太陽光発電システムの見積もり書を業者に出してもらう際には、最後に割引価格を書く方式を無くしてもらうと良いです。

 

なぜなら、最後にまとめて値引きをしている場合、どの部分がいくら削られているのか不明で怖いからです。

 

いつの間にか部材代金が削られていたら、最初の見積もりで提示されていたパワーコンディショナーと異なるものに変えられたら品質問題になります。

 

最後にまとめて値引きをする書き方を止めてもらい、具体的な項目別の割引済み価格を本見積もりとして提出してもらえば良いわけです。

 

適正価格を考える際は上限kw単価を気にしよう

全ての業者から本見積もり書の提出を受けた際には、上限kw単価の範囲内にあるか確認する必要があります。

 

なぜなら、2014年3月までは太陽光発電システムが高かったために、国の補助金が出ていたからです。

 

補助金支給対象としていた上限kw単価が50万円以下だったことから、更に太陽光発電パネル価格が下がっている近年では、kw単価50万円以下の見積もりにて提示されるはずです。

 

屋根の上に太陽光発電パネルを乗せる際に、特殊な補強工事が必要となるためにkw単価が高額となることはあります。しかし、複数社からの相見積もりを取得した時に、50万円/kwとなる工事業者の中から選ぶことが無難です。

 

太陽光発電パネルはメーカーシリーズとkw数で相場価格が分かる

太陽光発電パネルは、メーカーシリーズとkw数が分かれば相場価格が分かってしまいます。

 

同じメーカーであってもシリーズごとに太陽光を電気に変換する効率に差があるわけです。
東芝Sシリーズのように22.1%の変換効率を誇る製品から、京セラのサムライシリーズのように13.7%の変換効率の製品もあります。

 

変換効率が高いメーカーの太陽光発電パネルは高く、変換効率が低い製品は安いわけです。
太陽光発電システムは、売電と自家使用の両方を組み合わせて使えるので、同じ屋根サイズに設置可能な面積は限られています。

 

発電効率が高いパネルを導入した時には総発電量を稼げるので、kw単価を引き下げることが可能です。

 

見積もり対象となる太陽光発電パネル価格による違いが、kw単価に影響を及ぼしているならば、工事費用部分を比較して決められます。

 

見積もり書の見方 まとめ

太陽光発電パネルは、特定メーカーの製品が良いと決めていない限り、太陽光発電システム価格と工事業者の作業料・諸経費の3つに分けて比較すると良いです。

 

太陽光発電システムは、住宅向け製品ほど設置場所に置ける太陽光発電パネルの枚数にばらつきが出ます。

 

オーダーメイドだからこそ、選ぶ太陽光発電システムと工事業者の作業料を分けて比較しなければ割安な工事業者を見つけられません。

 

kw単価を比較して工事業者を絞り込み、本見積もり書を指定の書式で割引表示無しにて提示してもらえば、迷わずに太陽光発電システムを選べます。

太陽光発電の見積もり金額を安くする方法

見積もり安くなる方法

 

ここからは、太陽光発電を安く導入するためのコツをご紹介します。

 

一括見積サイトで複数の業務に見積もりを依頼すると安くなる!

太陽光発電は金額がそれなりにするものなので安易に業者を決めない方がいいです。

 

費用の面でも業者によって違いがあるからです。
あとで後悔しないためには、必ず料金の比較をするようにしましょう。

 

費用を抑えるコツとして、見積もりは1社ではなく何社からもしてもらうことです。

 

実際に一括見積りすると分かりますが、業者によっての料金の違いが明らかになりますよ。
引越しする場合でも1社だけでなく何社からか見積もりをだしてもらって比較する人も多いですよね。

 

それと同じように複数の業者から見積もりを出してもらうようにしましょう。

 

見積額はお住まいの地域や設置する面積によっても値段が変わってくるので、できるだけ多くの業者に依頼した方がいいです。

 

少なくても3社、できれば5社以上から見積もりを出してもらっておくと安心です。
その場合はいちいち問い合わせるのは面倒なので、一括見積サイトを利用すると便利です。

 

どこの一括見積サイトが良いのか分からない場合は、タイナビを利用するのがおすすめです。
タイナビは、見積もり価格、施工品質アフターフォローの満足度において1の実績を持っているからです。
詳しくはタイナビの公式サイトでご確認ください。

 

→ タイナビ公式サイトはこちら

 

場合によっては変換効率やパネルのレベルを下げるのもアリ

同じ業者でも設置するソーラーパネルによって値段が変わってきます。

 

それはパネルなどの部品の価値によっての違いからくるものです。

 

どんなものでもそうですが、新しいものや機能が高いものの方が高くなっていますよね。

 

それはソーラーパネルも同じで一般的には金額が高い方が機能性が高く、電気の還元量も多くなってきます。

 

しかし「どれだけの電気が必要なのか」をしっかり考えるようにしましょう。
金額が高くなるので業者から性能の良いパネルを勧められることがありますが、あくまで自分の求めているレベルに合わせることが大事です。

 

「自宅の電気をまかなえる程度でいい」のか「少しでもいいから収入の足しになるくらいの発電をしたい」のか目的を考えるようにしましょう。

 

高いものは性能も高いですが、ときには電気の還元量やパネルのレベルを下げることも費用を抑えるポイントです。

 

高性能なのに海外製のパネルを使用すると安くなる

太陽光発電に使用するパネルには日本製のものと海外製のものとがあります。

 

やはり日本製の方が金額が高くなっているので、初期費用を抑えたいなら海外製のパネルの方がお得です。

 

海外製のものの中では特に中国や韓国製のものが多くなっており、日本国内のシェアも年々伸びています。

 

日本製の方が安心感はありますが、パネルの値段は初期費用に大きく関係しています。
予算と相談しつつ、海外製も視野に入れると良いかもしれません。

 

意外にも海外製の方が日本製よりも保証期間が長い傾向もあるので、保証期間が長い方が安心という方にもおすすめです。

 

ただし補償があってもその会社自体がなくなっていれば補償はしてもらえないので、そういったことも含めて考えてみてください。

 

円高のときに購入すると安くなりやすい

これは海外製のソーラーパネルを使用する場合のことになりますが、円高のときの方が安く購入することができます。

 

円高とは簡単にいうと「日本円の価値が世界で高くなる」ことです。
すると海外から商品を輸入するときに安く仕入れることができるようになりますから、自然とパネルなどの初期費用も下がります。

 

ニュースでも円高円安という言葉はよくでますし、ネットで調べると「円高が続きそうなのか」といった動向もわかるので前もって調べるようにしましょう。

 

円高になればなれるほど輸入製品の値段が安くなりやすいので、買う時期をみはからうことも大事です。

 

自治体に補助金の申請をする

以前は太陽光発電を設置すると国からの助成金がありましたが、現在は国からの補助金はありません。

 

ですが当時よりも全体の値段が下がっていますから、特別に損をしているわけではないですよ。

 

そして国からの補助金はなくなりましたが、現在でも補助金をだしてくれる自治体があります。

 

これは地域によって違いますし、「年間〇件まで」という制限があることがほとんどで申請した先着となっていることが多いです。

 

これは単純な初期費用を減らす方法ではありませんが、そのぶん費用が抑えられるので確認して可能な自治体なら申請するようにしましょう。

 

共同購入をする

共同購入とは、家族や知人と一緒に購入することです。
これは明確に「共同購入」という購入方法があるわけではなく、業者に直接値下げ交渉をする方法です。

 

わかりやすくいうと「2件で契約するので安くしてもらえますか?」と直接聞くことです。

 

よく電化製品などでもまとめて買うと値下げしてもらいやすいといったことがありますが、それは太陽光発電でも同じことです。

 

なかなか同じタイミングで太陽光発電を設置する機会はないかもしれませんが、もしあれば値引きしてもらいやすいですよ。

 

共同購入だからといって同じメーカーのパネルを設置するといった決まりはないので、タイミングが合えば家族や知人と相談してみてください。

 

見積もり金額を安くする方法 まとめ

太陽光発電はエコの観点でも注目されている自家発電です。

 

ですがいくら環境に良くても金額は安く抑えたいですよね。

 

一括見積や助成金、海外製のパネルなど費用を抑える方法はいくつもあるので契約する前に検討してみてください。

 

1つ1つは少額でも最終的な金額の差がでますから、業者選びも合わせてしっかり考えてから設置してください。

一番オススメの太陽光発電のお見積りサイト!

完全無料の「太陽光発電のお見積もり」サイト!

 

完全無料で利用できる太陽光発電の一括見積サービスをご紹介します。
くわしくは以下のバナーをクリック!
↓↓↓

 

法人はこちらのバナーをクリック
↓↓↓

 

 

<< 太陽光発電はお得か? | ページの先頭に戻る | 太陽光発電とは? >>

page top